WordPress新テーマ Twenty Nineteenを試してみた

新エディターGutenbergを実装するWordPress5.0リリース予定が11月19日(米国時間)に迫ってきました。同時に公開されるWordPressの新テーマ「Twenty Nineteen」ベータがGitHubリポジトリから更新されました。

Twenty Nineteenバージョン: 1.0

作成者:the WordPress team

A new Gutenberg-ready theme.

どんなテーマになるのかワクワクしながらGitHubリポジトリからダウンロードして試してみました。まず、これまでのTwentyテーマとの決定的な違いは、PCよりスマホやタブレットのユーザーが上回った現実を考慮したサイドバーがないワンページのモバイルファースト(デスクトップ画面からホームページを作成するのではなく、サイドバーを廃した1コラム)である点です。ウィジェットにあるのはフッダのみ。トップ以外の固定ページと投稿ページもサイドバーウィジェット設定がなくなりました。もちろんですが、サイドバーを設けたいならウィジェットで可能です。

日本語に対応していて、当方のWindowsデスクトップ画面上では、日本語はWhatFontで調べると読みやすいMeiryoで表示されて大きめです。公式リリース時はどうなるかは分かりませんが、イメージ上にあるようなヘッダ部のイメージ設定が見当たりませんでした。

シンプルでより誰でも始めやすい、直感的な使いやすさを全面に押し出した感じです。

Follow me!

WordPress新テーマ Twenty Nineteenを試してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る