Web オープナー ラボ

WordPressお気に入りの筆者がconcreat5に興味を惹かれる理由

Home »  blog »  CMS »  WordPressお気に入りの筆者がconcreat5に興味を惹かれる理由

WordPressお気に入りの筆者がconcreat5に興味を惹かれる理由

On 5月 8, 2016, Posted by , In CMS, With No Comments

ホームページ(WEBサイトというべきなのですが・・・)を企業が持っていることが重要なのではなくて、WEBサイトとして更新していくことが本来は目的でなくてはなりません。

CMSとしてWordPressが無料(オープンソース)、世界最大のシェア、更新頻度等、あらゆる意味で、大変優れている点は、私自身経験していることで、それは最初から数年経た今日までまったく信頼を裏切られた経験は未だにありません。元々日付で最新記事を投稿するブログとしてスタートしており、更新記事が多いサイトであれば、プラグインや拡張性が実に富んでいます。

サーバーインストールや初期設定を終えて、シンプルに記事やブログを更新するのであれば、例えばごく一般的な中小企業サイトとしては、最初は管理パネルがメニューが多く分かりにくいかも知れません。でも、ニュースの更新や、あらかじめ用意されたバナーの差し替えくらいはできています。テーマデザインもWordPress公認テーマであれば、実に豊富で動向に手適した最新テーマもカンタンに1分以内で差し替えられます。

しかし、ちょっとレイアウトをページごとに変更したいときなど、いちいち制作会社に依頼しないとできないような作業が、concreat5なら“ブロック編集”といって、例えばワードの“枠”を移動するように、コンテンツ内を上半分が2列、下半分が3列にしたりとマウス操作ですぐできます。他にも問い合わせ、サイトマップなど、WordPressではプラグインが必要な機能も標準で装備されています。

WordPressかconcreat5か?

一概に言えませんし、これまでの企業のホームページであれば、ブログや更新できるconcreat5で、ブログ更新が多く時系列で、ショッピング機能、予約機能、コミュニティ機能などプラグインで、いろいろ付加価値を高めたいのであれば、WordPressが適しているのではないでしょうか。

WordPressはテーマやプラグインの更新スピードが早く、それは改善として嬉しい事ですが、その作業にとられる時間が好ましくない方は、concreat5は更新スピードもゆっくりですので、(約1年ごとみたい)

また、WordPress・concreat5双方をページやカテゴリーに合わせて併用することもできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.