WEB第三の流れ(後編)~モバイルファーストからモバイルオンリーへ

2014年05月07日 MdN DESIGN INTERACTIVE
小川 浩(シリアルアントレプレナー)氏のコラムの後編
Webサイト構築サービスの台頭(後編)―モバイルファーストからモバイルオンリーへからです。

従来のWebサイト構築サービスや各種インターネットサービスは、モバイルファーストという考え方を標榜しているが、現代は若者を中心にPCを使わずモバイルデバイスだけでインターネットを使う傾向が加速的に進んでいる。このような世代はモバイルオンリーとよばれる。

2014年現在、モバイルファーストという考え方ではもう足りない。モバイルオンリーの考え方こそが必要なのである。PCサイトをつくり、モバイルデバイスでも閲覧できるように工夫したり、スマートフォン用のデザインを考慮するような複雑な考え方は、もはや古いのだ。逆にいえば、モバイルオンリー層に対して最適な利用体験を与えられるWebサイトを、企業に対してリーズナブルなコストで提供するベンチャー企業が台頭しているのである。

モバイルオンリーへ情報を伝えるために必要な工夫というものがある。それはスマートフォンに最適化したスタイルシートを用意することであり、OGP(Open Graph Protcol…FacebookやTwitterなどメジャーなソーシャルネットワーク上で引用された記事を、正確に表示するための規格)をサポートすることだ。

スマートフォンおよびタブレット端末を総称してスマートデバイスという。スマートデバイス上でのインターネットトラフィックのシェアは

・ゲームアプリ 32%
・Facebookアプリ 17%
・その他アプリ 37%
・Webブラウザ 14%

という割合になっている(2014年4月現在 ※出典:http://www.flurry.com/bid/109749/Apps-Solidify-Leadership-Six-Years-into-the-Mobile-Revolution#.U2nimF5-PA8)。

「その他アプリ」はTwitterなどのソーシャルネットワークやニュースアプリなどが中心だ。だからこの結果だけをみると、スマートフォンサイトの必要性を軽く感じてしまうかもしれないが、実際はそうではない。

なぜならFacebookアプリはもちろん、ゲームアプリをのぞくほとんどのアプリは、コンテンツとしてWeb上の情報を流通させているからだ。結局のところ、複数アプリ間で情報を共有するには、Webがもっとも使いやすい。Facebookアプリをはじめ各種アプリはいわゆるアプリ内ブラウザというWebサイトを表示させる機能を包含しており、それによってコンテンツをシェアしている。

要するに、ゲームアプリ以外のモバイルトラフィックを支えるアプリの68%は、Webとの共存状態にあるプラットフォームであるということだ。そして、アプリ内ブラウザの恩恵を正しく受けるには、OGPをサポートしておく必要がある。スマートフォンの狭い画面では、ピンチアウトしなくても文字や画像を綺麗にみせるような工夫とOGP対応が必要なのである。

これらの仕様を、あえてユーザーに意識させることなく簡単に提供する。そういう、いわばファストWeb、ファストモバイルのコンセプトをもつベンチャー企業の台頭は、今後日本国内でも大きな注目を集めるだろう。

前回で説明したが、WEb制作をPCからタブレット、スマホなどの端末(総称してスマートデバイスという)を加えるという流れに対して、最初からレスポンシブなデザインひとつで構成することを“モバイルファースト”といいますが、それだけではモバイルファーストの本質とはいえない。

モバイルファーストは、イノベーションをもたらす

「モバイルファースト」という言葉は2009年にルーク・ウロブルスキー氏(Luke Wroblewski、以下ルーク氏)によって提唱され、その後 グーグルやアドビシステムズ、フェイスブックなどのカンファレンスで言及され、北米で認知が広がりました。ルーク氏がA Book Apartから出版している著書『モバイル・ファースト(MOBILE FIRST)』にはこんな一文があります。

(日本語訳)

―モバイルファーストの実践とは、モバイルインターネットの爆発的な成長にただ備えるだけではない。ユーザーが本当に必要とすることにフォーカスすることで、これまでできなかった方法でのイノベーションが可能になる。

これからはユーザーに最も近いモバイルWebから、サービスや業務の仕組みを考えていくことがより求められるようになると、2009年には提唱されていました。

 

2014年現在、モバイルファーストという考え方ではもう足りない

2014年現在、モバイルファーストという考え方ではもう足りない。モバイルオンリーの考え方こそが必要なのである。

これはノート型PCを含めてもPC出荷数が急速に減少し、スマホ、タブレットが台頭してきた現状がしめしています。sonyがノートPC部門のVaio生産を中止するという発表がそれを物語っています。子会社ですがソニーモバイルは、Xperiaというブランドでスマホ、タブレットにシフトしています。現代は若者を中心にPCを使わずモバイルデバイスだけでインターネットを使う傾向が加速的に進んでおり、この世代はモバイルオンリーとよばれます。

まだ、モバイルに対応したWebにもなっていないなら、一刻も早く対応すべきです。それを専門的知識がなくても可能にするのが、世界で最も利用されているオープンCMSソースのワードプレスWordpressなのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です