CMSビジネスのページ構成を考えてみる

99b4c8d1d35ed570c13231606fbe2673
ワードプレスでビジネス用Webサイト+ブログを作成するには、もちろん、ワードプレス構築を行っている会社などありますが、そのままではオリジナルなサイトはできませんので、まず自分が実際にビジネスの経験を元に参考にしながら最低限のひな形をビジネス用の無料テーマを使用して「ビジネスパック」として考えてみることにしました。

まず必要最低限必要なページ構成を挙げてみたいと思います。

※[固定ページ][投稿ページ]は、下部フォルダ(ディレクトリ)をつくったり、サブドメイン型にしたりも自由です。ここでは[固定ページ][投稿ページ]は同一フォルダ内ですが、ラインは省略しています。

[固定ページ]

┌─TOPページ 表紙です。 index.php

├─ニュース

├─製品一覧
│  ├──────カテゴリ1
│  ├──────カテゴリ2
│  :

├─会社概要
│  ├──アクセス
│  └──(プロフィール)

├─お問い合わせ

└─サイトマップ

[投稿ページ]

┌─トピックス
│  ├──カテゴリ1
│  ├──カテゴリ2
│  ├──カテゴリ3

└─ブログ
├──カテゴリ1
├──カテゴリ2
├──カテゴリ3

ネット販売を行う場合

└─(特定商取引に関する記載事項) 特定商取引に関する法律に定める記載事項です。

サイト検索
テーマにすでにある場合が多いです。なければ検索ウィジェットをサイドバーなどに設置します。
404  (検索結果やページがない場合。404テンプレートファイルが設定されているので、作成の必要はありません。)

[固定ページ]と[投稿ページ]

ワードプレスでは、この2つのページ構成が標準です。
結論から言えば、この両者の違いは、「会社概要」や「アクセス」、通販ページであれば「特定商取引に関する記載」情報などは、のちのち移転や会社情報の修正で内容を変更する可能性はありますが、ページ自体が増えていくことはありません。こうしたページが増えない情報は[固定ページ]とします。
また、製品情報などジャンルや新製品が増えていっても、固定ページもページや下部フォルダを増やせますので心配ありません。

会社のトピックスや社長ブログなど更新していくものは、[投稿ページ]にします。

※[ショッピングカート]

同じワードプレスでネット通販を行うことができます。

ネット通販も無料で多く利用されているプラグインが数種あります。その中でも、日本人が日本語で制作した「WElcartプラグイン」が当社も利用しており導入しやすいのでおすすめします。

くわしくはWElcartのページをご参考下さい。
Welcart で最低限必要なページは以下の2つです。

これらのページは初期有効化の時に自動生成されます。

・カート(usces-cart)
・メンバー(usces-member)

さあ、まず初めてみて下さい。後からどんどん無料で追加・修正が自分でできるのが、ワードプレスを利用したホームページの最大のメリットです。
といっても、最初は分からないことが多いものです。それをサポートするのが、『さけぞうWP工房』です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です