AMPを実装する

最近「AMP」というキーワードがWeb界隈を賑わせています。私は遅ればせながら、最近知りました。

 

ferretによれば、

もうWebサイトにAMPは実装済みでしょうか。

AMPを実装すると、モバイルページの表示速度が高速化してユーザー満足度を高めることが出来ます。

そんなAMPをサポートする取り組みも盛んに行われています。2016年6月20日、日本でもGoogleNEWSがAMP対応したと発表されました。
アメリカでは4月中旬に、イギリス・フランス・ドイツなど主要6カ国についても6月上旬には対応済みとなっています。

 

AMP 公式サイト
AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略でアンプと読みます。GoogleTwitterが共同開発しているモバイル端末でホームページを高速表示するためのプロジェクト、またはAMP HTMLフレームワークのことです。

ユーザー体験の向上を目的として開発が進められていましたが、2016年2月24日にGoogle検索で対応開始となったことで、世の中で広く認知されるようになりました。

AMPを実装すると、モバイルページの表示速度が約4倍、データ量が約1/10になると言われています。
実際にどれだけ速いかは体験してみると分かりやすいでしょう。下記のリンクにスマホ端末からアクセスしてみてください。

スマホやタブレットなどモバイルを主に置いたホームページ・ブログを考慮したレスポンシブデザインにすることは、もう当たり前ですが、よく分からないけれど、高速表示させる取り組みのようだ。

AMP導入で表示速度があがる理由は2つ

①ウェブページをいちいち読み込まない

②通常のウェブページよりも、データ量が少ない

ワードプレスでもAUTOMATICからAMPプラグインが公開されているので、とりあえず自分のページにAMPをインストールしてみた。

ただデメリットもあるようだ。

AMPは通常の記事に比べデータ量を約1/10まで抑えることで、高速の表示を可能にしています。そのルールがいろいろあるため、エラーが出たりデザインが崩れたりするのです。特に、動きを入れていたりおしゃれなデザインを入れていたりすると、イメージどおりに表示されなくなる可能性が大です。

まあ、なんでもやってみようという精神で

0 Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください