ホームページはマルチデザインとコンテンツ重視?!

全ての事柄のデジタル化が進む中で、Web(ホームページ)やインターネットの重要性が年々高まっている事は間違いないだろう。

「freshtrax ビートラックスがサンフランシスコから最新情報を配信中」
フリーランスWebデザイナーという職業も無くなる4つの理由

によれば、(一部抜粋)

全ての事柄のデジタル化が進む中で、Web(ホームページ)やインターネットの重要性が年々高まっている事は間違いないだろう。それに伴い、関連する業種や職業に対する需要が高まるのは必然と考えられる。例えばWebやアプリを製作する為のデザイナーやエンジニアは、紙媒体や組み込み型ソフトウェア向けのそれに比べても、必要性が格段に高いとされ、キャリアアップをする場合は新しい技術の習得が求められる。

その一方で、1990年代後半にホームページを持つ企業が増えて、まだWebを構成しているHTMLやCSS言語は特殊な人だけがホームページ製作を専門とする個人・会社に委託していた。余裕のある企業ではオリジナルデザインのホームページを20ページなら百万円ものコストをかけていた。これは当時は今のようにだれでもカンタンにホームページを制作できるソフトやツールがなく、全く手作業でエディターなどでHTMLやCSS、イラストなどを書いていたので、労力からすれば決して高額でもない。

SaaSプラットフォームの充実化

 

社内にWebチームを置く事が出来ない規模の小さな企業はどうなるだろうか?未だにフリーランサーに委託している所もあるだろうが、最近は専門知識が無くてもそれなりに簡単にWebサイトの作成と運用が可能なプラットフォームの充実が進んでいる。そしてその多くが、初期費用が無料かもしくは非常に安く、サイトの立ち上げも短時間で可能になっている。シンプルなサイトであれば、Square SpaceやWixなどのプラットフォームを使う事で、それなりに見た目の美しいサイトを作る事が出来る。カスタム性を高めたい場合はWordPressやJimdoを、eコマースであればBaseやstoresで、高品質なテンプレートを利用すれば、技術に詳しく無くてもある程度まではサイトの構築が出来てしまう。

デジタルネイティブにとってみると読み書きと同じ感覚でしかない

子供の頃からゲーム、パソコン、携帯などデジタルに触れて育った世代は、WindowsやMacOSによるソフトやPhotoshop, HTMLやCSSぐらいであれば、問題無く使える人も少なくは無い。彼らにとってはそれらは既に特殊技術ではない。

Webサイトの重要性の低下

意外と盲点なのがこれ。実はネットの普及が進めば進む程、実はビジネスにおけるサイト自体の重要性が下がって来ている。例えば外食をする際に、以前はレストランのサイトを見て行き先を決めていたが、最近ではYelp, 日本では、ぐるなびや食べログなどのポータルサイトで検索する。そうなるとレストラン自身がサイトを持つ必要性が無くなってしまう。

また、情報を集めたいときも、一般的な情報サイトよりもGoogle上に表示される情報, Wikipedia、そして最近ではSiriなどのアプリを利用すれば目的を達成する事が可能になる。むしろ統一したエクスペリエンスを提供してもらえるので、個々のサイトを利用するよりも、スムーズなプロセスになる。

これまでは情報の見せ方やレイアウトにかなりこだわりページをデザインしていたニュース/情報系サイトも,キュレーションアプリにコンテンツだけ提供する状況になり、Webページ自体の重要性が下がって来ている。

APIやクラウドプラットフォームの進化がどんどん進む中で、この流れはより一層加速するだろう。これまでパソコンの画面に表示されてたページの情報は、様々な事なるプラットフォームに出力され、ページのインターフェース自体はほとんどどうでも良くなってしまう。逆に考えると、モバイルウェアラブルなどの複数のデバイスに対しの状況提供において、最も最適な利用体験を与える事がデザイナーの仕事となるだろう。

つまり、ホームページ(広い意味でブログやWeb全体)が、一部の特技を持った人たちが、より専門技術を求められるのと反対に、それらの技術進歩によって、使う側、見る側は、スマートフォンの普及などマルチデバイス化によって、誰でも簡単にホームページが見られるようになり、また簡単に無料で作れる時代になったのである。私自身がそうだし多くの方はそうなのだ。PCではGoogleでワードを検索し、スマホではSiriなどでいきなりそのワードから詳しいサイトを見ている。WikipediaやGoogleなど統一した環境がストレスがなくスムーズさが求められている。そこには企業のどんなに凝ったトップページだろうと見ていないのだ。多少レイアウトがお粗末でも詳しいコンテンツを求めている。Wikipediaなどはその典型で知りたいのはそのワードの意味だけなのだ。

それはPC<タブレット<スマホとなれば、なおさら、Webのこだわったレイアウトや複雑なボタン配置等の重たいサイトは、バッテリー消費の面でもストレス以外の何物でもない。

これからのデザイナーに必要とされる要素

時代の変革期とも言える最近は、これまでとは比べ物にならない程速いスピードで物事が変化し、それに伴ってプロダクト、ビジネス、企業、そして職業にも大きな変革が必要とされている。数年前までは高い需要を誇っていた仕事が急激にコモディティ化する事も珍しくは無い。

特にデザイナーに必要とされる技術はその時々に利用される媒体やデバイス、そして解決すべき問題によって変化する。そのため、デザイナーとして必要とされる能力としては、デザインの基本技術に加え、常に最先端の需要に対して最適な問題解決の提供であり、そこに必要とされる技術や考え方に対して臨機応変に対応していく必要があるだろう。

クリエイティブは全ての職業に必要な能力

そして実は、今後はデザイナーに限らず、どのような職業でも常に新しい技術と知識を身につける事で、いかなるときにも急激な変化に対応出来なければならない。特に今後はクリエイティブな考え方と、マーケティング的視点はどのような役職でも絶対に重要になる。それを踏まえ、優れたユーザーエクスペリエンスやブランドコミニュケーションを設計するのが、次世代のデザイナー、そしてビジネスに関わる全ての人々に求められる能力になるだろう。

Webのデザインより、最後はコンテンツである。世間では当たり前のことですよね。どんな綺麗な店構えの店でも料理が美味しくなければ話になりませんし、マスターの会話が話題が豊富ならまた行きたくなるでしょうが、楽しくなければ二度と入りたくないのと同じです。

まず、自分でカンタンにできるのでホームページを作る。時間がない、分からないなら、そこは便利屋さん的にサポートさせていただきます。Wordpressや目的に合ったプラグインなどについて無料で教えられることは分かる限り、知らないことは調べて、オリジナルデザインなら内容によって時間がかかり、制作作業は自分でやるか外注するかは手作業には変わりませんので費用がかかるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です