GutenbergとWordPress5.oになってもClassicエディターで、レイアウトが必要ならElementorで変わらない状況

WordPressに大変革をもたらす公式エディターGutenbergとそれに対応したWordpress5.0が公式発表されて2ヶ月。私は新しい投稿にGutenbergを使用せず、元々のエディター環境を利用できるClassicエディターとMCEを使っています。

いずれGutenbergのみになれば必然かも知れませんが、素早く投稿する際にページレイアウトは二の次と思うからで、またConcreat5やJimdoなどを試してブロック編集が煩雑に感じていたからです。

これからWordpressを始める方や、用途によってGutenbergと新しいWordpressが当たり前という方には新しい環境で始められる方がいいかも知れませんし、選択肢が増えるのは良いことでしょう。

今からWordpressを始める方はにはGutenbergエディター環境から始めるわけなので、上記のブロック編集をしてきたサービスと同じとも言えるわけです。Wordpress利用者の幅が増え、個々に使いやすい選択肢が増えたという風に捉えればいいと思います。

私はClasiic環境の方がブログを書くには適していると思いますし、どうしてもページレイアウトが必要なら、ElementorやSiteOrignなどのページビルダーの方が使い慣れています。
また、ブロック編集のCMSやWeb作詞サービスも試してみましたが、使い勝手が良いものは見当たりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です