Web オープナー ラボ

2017年 初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

Home »  blog »  HP製作 »  レンタルサーバー »  2017年 初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

2017年 初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

On 2月 24, 2017, Posted by , In レンタルサーバー, With No Comments

世界で最も利用されているオープンソースWordPressでブログやホームページを行うには、WordPressをインストールするサーバーが必要です。はじめての方は、これだけでしりぞいてしまうかも知れません。^^;

まずホームページまたはブログを無料でできるサービスがWIX、Jimdoなどがあります。WordPressにも、Automattic社が運営しているWordPress.comなどの無料サービスでも試してみることはできます。レンタルサーバーを借りる前に私も使っていました。WordPressを実感してみるには無料ですのでWordPress入門としておすすめです。個人でブログサービスやこうしたホームページのサービスを使う方法で満足なら良いかもしれません。

WordPress.comは広告が貼りませんが、プラグインが使用できない、用意されたテーマ以外は使用不可。でも、広告が入ったりサービス専用のURLになります。しかし、このサービスは独自ドメインは有料となり、WordPressの機能をフルに使って、自由にサイトを作成・運営するには、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて、自分でWordPressをインストールし、サイトを作成する必要があります。
WIX、Jimdoそれぞれに有料で独自ドメインで使用でき、機能や自由度が増しますが、それなら独自ドメインとサーバーを借りてWordPressを運用した方がコストは安上がりです。

1.独自ドメインサービスで無料サーバーを利用する

レンタルサーバー

レンタルサーバーは、自社施設に設置しインターネットに接続された情報発信用のコンピュータ(サーバ)の機能を、インターネット上で遠隔から顧客に利用させ、情報やサービスを配信するのをサポートするサービスのことです。独自ドメインでホームページ・ブログ等を公開しようとすればサーバーが必要です。ユーザーがサービスプロバイダのサーバを間借りするので、レンタルサーバーといいます。大きな企業などでは自前もしくは専用サーバーを利用しますが、しかし多くの場合はレンタルサーバーです。したがって、他のユーザーとサーバーを共有します。

レンタルサーバーのサービスもあれこれ迷うほどずいぶん増えました。個人向けや法人向けのいろいろなサービスやプランがあります。基本的に料金が高いプランの方がサーバーの性能が良かったり、共有分が広くなるので、安定した速度で運用できます。しかし、必ずしも価格が上だから良いというものではなく、安価でも信頼出来るものもありますし、サーバー会社によってさまざまで、共有しているユーザーの負荷によっては高いサーバーでも落ちることはありますし、安いサーバーでは不安定だったり速度が遅いなど、価格の安いサーバー、満足度の高いサーバーなどどれがいいのかあれこれ迷ってしまいます。用途、容量、速度などによって、ニーズが高まればより性能の高いレンタルサーバーに発展させていけばいいので、最初から高機能、高価格のサーバーにするのは宝の持ち腐れとなりますし、自分の利用経験や未使用のレンタルサーバーでは評判を調べ、あくまでも個人の範囲です。公式サイトの確認や、実際の利用者が発信している情報などを参考にしたり、試用期間を活用するのもよいでしょう。

2.WordPressにおすすめの入門用 独自ドメインと無料レンタルサーバー

(表示価格は税抜)

WordPress初心者が、まずどのレンタルサーバー業者を選んだらいいのか悩みます。まず前提として、WordPressが設置でき、「ワードプレス簡単インストール機能」がついているサーバーを選ぶとカンタンです。

WordPress入門用に私が個人的に最初に利用した有名なロリポップ!とムームードメイン(GMO系列)です。サーバーのライトプランで 月額250円から始められ、WordPressの自動インストールなど管理画面もイラストが多く分かりやすいで。次に利用したのがファイアバードとスタードメイン(エックスサーバー系列)で、エックスサーバー(XSERVER)に至っています。他にも「お名前.com」と「お名前.comサーバー」(GMO系列)のように、同じ会社がレンタルサーバーと独自ドメインサービスの両方を運営している場合、レンタルサーバーと独自ドメイン取得を同じ会社のサービスにすれば、独自ドメインの設定が簡単になるのでおすすめです。

とくにおすすめなのがエックスドメインスタードメインです。



   

ドメインを契約するとWordPressが10GB使えるレンタルサーバーが無料で広告が入りません。個人や小規模なホームページなら10GBでも大容量です。仮に最も安価な汎用ドメインであれば、一年間のドメイン使用料(580円程度から)のみ、サーバー費用は無料です。

独自ドメインでは自分でドメインとレンタルサーバーで、世界で圧倒的に利用されているWordPressを運用するほうがコストは安いばかりではなく、使いやすさ、テンプレートやプラグインの豊富さ、サイト上のWordPress情報の多さなどで、エックスドメインもしくはスタードメインの無料サーバーでWordPressを運用することをおすすめします。

3.WordPressを大量に設置するレンタルサーバーの選び方

たくさんの国内サーバが挙げられていますが、知名度・実績のあるレンタルサーバでWordPressインストールが用意されたサーバは、他にも低価格で優れたレンタルサーバーがどんどんできています。XSERVERには、WordPress専用wpXレンタルサーバー(1,000円/30GB、10件までのWordPress設置が可能)、(10GB以内ならwpXクラウドが525円でお得)、ビジネス専用サーバーシックスコア、X2などもあり、速度と安定性、管理パネル、バックアップ、サポート、独自SSL機能等でエックスサーバーがイチオシです。X10を利用しており、より高速なWordPress専用wpXも魅力的で悩む所ですが、wpXはWordPress以外のCMSが使えないこと、容量や200GB、50件までWordPress設置が可能などでX10を利用しています。ある人のサイトを見ると実際の閲覧速度はX10とwpXの差が分からない程度という感想もありました。



  

4.初めてのワードプレスなら

しかし、ご自分や会社のやりたいことがはっきりしているなら、サーバー選びは実は単純です。

「ワードプレス簡単インストール機能」がついていて設定がカンタンなレンタルサーバーを選ぶこと

入門者向き ロリポップ!レンタルサーバー

初めてのレンタルサーバーならロリポップ!ご利用実績123万人の老舗サーバー。低価格で豊富な機能と充実のサポート。WordPress簡単インストール。

ロリポプラン  最大50GB 初期費用1,575円 月額300円(3ヶ月以内)、250円(6ヶ月以上)

低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストール!WordPress以外にも、Movable Type、Sweetcron、PukiWiki、baserCMS、EC-CUBEの簡単インストール機能がありあす。CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど多彩に対応。独自ドメイン取得サービスも有り。
『価格.com』注目ランキング2位 満足度ランキング1位



ミニバード(minibird)

容量 50GB、月額 250円(3ヶ月)



ファイアバード」 容量100GB、月額 525円




どちらも無料で使えるWordPressブログサービス「WPblog」が利用できます。

(2017年8月7日(月)から「スターサーバー」の「ライトプラン」として生まれ変わった。)

 

さくらインターネット 

スタンダードプラン 最大10G 初期費用1,000円 月額 500円

『価格.com』注目ランキング4位 525円/100GB

 

『価格.com』レンタルサーバー プラン情報 価格比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.