目からうろこのクラウドコンピューティング画像整理アプリ「Picnic」

WINDOWSの「デスクトップ」以下の「マイ ドキュメント」に、「マイ ピクチャ」とか個人的に「My web」「ブログ」などのフォルダを作成していき、さらに画像が増えていくにつれて捜すのが面倒になるので下部に「日付別」「アイテム」「営業用」「ブログ」別などフォルダを作成してきました。しかし、溜まりに溜まった画像や写真が、膨大になるとどこのフォルダにあるのか捜すだけで骨が折れていました。
デジカメ画像の補整には、今使用しているひとつ前のスキャナーに付録でついていた「Adobi Photo Shop LE-J」で凌いできました。PicasaはGoogleで以前からダウンロードして知ってはいたものの今一うまい利用方法が分からずにいました。
実は「Adobi Express」や「Picnic」等のインストールしないでオンラインから利用できるアプリを知るきっかけが、スマートフォンRegza T-01C購入によるAndroid マーケットで「Adobi Express」と「Picasa」をダウンロードしたのがきっかけ。「Adobi Express」はPC向けに2008年から無償ダウンロードされていたんですね。
アドビ、オンライン版「Photoshop Express」のベータを公開
「www.photoshop.com/express」
さて、画像オンラインアプリとはまた異なりスマートフォンで撮った写真をpicasaやFacebookにアップロードしました。さらにそれらと共有保存を一元管理することができるのが同じくオンライン「Picnic(ピクニック)」です。
思えばPC初期からの机の中のフロッピーディスク(以下FD)やCDの山が、まだ所狭しと占領しています。貧乏性なのか捨てる勇気がないままに。
クラウドコンピューティング画像整理
(以下、ウイキペディア引用)
クラウドコンピューティング(英: cloud computing)とは、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態である。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。
名称
「クラウド」(雲)は、ネットワーク(通常はインターネット)を表す。従来より「コンピュータシステムのイメージ図」ではネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来と言われている。 クラウドコンピューティングという用語がバズワードであるという議論は、後述の類似用語を参照。
プロの方ならともかく、私のような一般のユーザーには「Photoshop」や「イラストレーター」のような高価なソフトを買うほどの作業はいりません。そう思っていたのですが、ついに望みに近づいてきたようです。撮り貯めてきたカメラ画像の編集・加工写真を
暇なこの時期を活用してPC内の画像をアップロードして「Picnic」で整理作業をしてみようと思います。もちろん万一のために手元のCDにも保存しておきます。

2 thoughts on “目からうろこのクラウドコンピューティング画像整理アプリ「Picnic」”

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です