既存サイト・ブログのワードプレス化(引越し)

既存サイト・ブログのワードプレス化(引越し)

既存サイト・ブログのワードプレス化(引越し)

 

既存のHTMLサイトをWordPressへ引越す基本的な方法

HTML形式は基本的に、1ページごとにヘッダ部、コンテンツ部(本文)、サイドバー部、フッダ部が一つのファイルに組み込まれています。これを静的ファイルといいます。WordPressはphp形式で各部分ごとにphpファイルを作り、本文・ブログのコンテンツはsingle.php、合成するので動的ファイルといいます。

小さなサイトなら元のタイトル・記事部分をコピー&ペーストして、WordPressの固定・投稿の各ページに新規投稿でもいいのですが、20記事以上の規模となるのかな~り面倒なのでインポートしたほうが早いです。

 

◯引越し前にやっておきたい下準備

 

そのままWordPressへインポートすると、HTMLファイル全体が固定ページ(または投稿)の入力枠に取り込まれます。つまり、からまでがインポートされます。これでも大きな問題はありませんが、ヘッダ部その他が重複して見苦しいので、本文の…以外のヘッダー、サードバー、フッダを予め切り落としておきます。ページ数が少ないサイトであれば、あとからでもWordPressの管理画面「固定」「投稿」から編集し直しても構いません。

 

手順1

 

予め、ドメインとレンタルサーバーをご用意してください。
レンタルサーバーは、お好きなサービスで構いませんが、WordPress自動インストール機能、価格等で最安ならロリポップ、おすすめはエックスサーバーのX10です。

 

手順2

 

HTMLのwebサイト(ホームページ)は、そのサーバーにバックアップ機能やダウンロード機能があれば、ご自分のPCや外部保存媒体にダウンロードします。ZIP形式など圧縮形式でダウンロードした方が早くできます。

 

手順3

 

元データの文字コードをが UTF-8 ではない場合、エディタなどで UTF-8 に変換します。
URL が変更になる場合は、画像やリンクのパスを書き換えます。エディタの「置換」が便利です。

 

手順4

 

画像などのメディアファイルをダウンロードしておきます。

 

手順5

 

インストール済みのWordPress管理画面を開きます。
「プラグイン」→「新規追加」の検索で「HTML Import 2」プラグインをインストールします。インストール後「有効化」しておいてください。

 

手順6 HTML Importの設定

 

「設定」→「HTML import」から、HTML Import setting画面でDirectory to import(インポート先の絶対アドレス)を入力します。各レンタルサーバーのフォルダ先に指定します。
ロリポップの場合:/home/users/アカウント/web ユーザーページのアカウント情報のフルパス

Import files as で投稿としてインポートするか、固定ページとしてインポートするかを指定します。通常は投稿としてインポートするに指定します。
固定ページはその名前の通り
会社案内、アクセス、お問合わせなどですが、少ない場合はあとで、手作業で固定ページにそれぞれ新規登録し、投稿ページは削除します。

WordPress管理画面の「ツール」→「インポート」でHTML

 

手順7 パーマリンク設定を元のサイトに合わせる

例 「http://サイトの名前/カテゴリ/記事の名前.html」であれば、管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」→一番下の「カスタム設定」の空欄に「/%category%/%postname%.html」と入力します。

あとはカテゴリの設定と記事の名前を元のサイトに合わせます。

 

ブログツール・サービスの引越し

WordPressには標準で、管理画面の「ツール」→「インポート」があります。他のブログツールや CMS、さらに CSV や RSS など様々な形式からユーザー、投稿、関連データなどを取り込むことができます。この作業には、「ブログの移行」「ブログの引越し」「ブログデータのエクスポート&インポート」などいろいろな呼び方があります。

同じWordPress形式には、WordPress importerというプラグインが便利です。

 

くわしくは、WordPress Codex日本語版 コンテンツのインポート

が親切です。

エクスポートファイルのサイズが非常に大きい場合、メモリ上限を超えて"Fatal error: Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted" といったメッセージが表示される場合、レンタルサーバーのphp.ini設定 を変更します。エックスサーバーの場合、upload_max_filesizeをFatal error:のバイト以上のサイズに変更します。

 

当社では次のサービスを提供しています。

[wc_button type=”info” url=”https://web-opener.com/?page_id=355979″ title=”既存サイト・ブログのワードプレス化サービス” target=”” url_rel=”” icon_left=”” icon_right=”” position=”” class=””]既存サイト・ブログのワードプレス化サービス[/wc_button]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です