ページスピードは最も重要 GutenbergとGutenbergアドオンの時代になる可能性

ページスピードは最も重要

WordPressより標準エディターにGutenbergが正式リリースされ約5ヶ月経過しました。

で書いているように、私の本職である仕事のホームページには、Gutenbergを利用していません。

WordPressの新しい機能には絶えず、ワクワクし楽しんできました。しかしGutenbergとそのエディター環境にはなかなか慣れませんでした。

WordPressの編集画面でよりビジュアル的に操作できるように改善していきたいのは分かります。でもこれからWordpressを始める人にとって、まず Gutenbergの使い方を覚えねばならないことが、どうなのかです。多くの人はホームページ、ブログを簡単に更新できるWordpressを求めています。

良酒市場さけぞう

のトップページを、ページビルダーElementorでレイアウトしたいからですが、Woocommerceによるショッピングサイトで、使用する商品画像も多く、プラグインも多くなりがちなので、トップページ以外はElementorは使用していません(使用する固定ページがなかっただけかもしれませんが)。

したがってこの程度の使用なら、GoogleSpeed Insiteでテストしてみても、 Elementorがページ速度に与える影響はさほど感じられませんでした。

その良酒市場さけぞうのテーマは、しょっちゅうベストなものを探していた結果以前、無料テーマとしては素晴らしく圧倒的なダウンロード数であるASTRAに戻してみたところ、

Gutenberg Blocks – Ultimate Addons for Gutenberg

を知りました。Astraが推奨しているGutenbergのアドオンです。Elementorなどのページビルダーは、Gutenbergになっても、これまでのWordpress5.0以前同様にGutenbergとは全く無縁な編集画面になります。

ここでGutenbergを使用しないで、これまでのようなclassicエディターを使い、これまでの環境で利用したいのであれば問題はありませんが、せっかくWordpressもブロック編集に移行し他のですから、新しい環境になれる方がゆくゆくは得なことです。私自身Gutenbergに移行した方がいいと考えるようになったのは、テーマをAstraに戻してGutenberg addonが生まれてきていることを知ったからです。

gutenbergエディターを選択し他のであれば、大体のことはGutenbergとこのブロックアドオンで同程度にできることが分かりました。

WordPress5.0とGutenbergが登場する以前では、SiteOrign、Beaver Builder、Elementorの3大ビルダーなどが重宝していたのですが、ページスピードを下げる気がしていました。

  • Gutenbergの画面から利用できるので操作性が向上すること
  • 編集画面のサーバー負荷が少ないこと(Elementorでは操作がフリーズすることが度々起こる)、
  • ページ速度を下げない

ページビルダーに対し、Gurenberg AddonとかBlockとか名付けられているようです。

WordPressページビルダーの今後は?

Elementorや他の多くのページビルダーがGutenberg互換をあげており、Wordpress5.0とGutenbergの共同開発者として参加しているのです。

これまでのページビルダーとGutenbergを使用する前提でのアドオンは、相互に改善されていくのであり、現時点でユーザーがお好きな環境で選択すればいいことであって、選択肢が増えたことは良いことでしょう。

しかし、これからWordpressを始める方やWordpressを利用する本来の目的はコンテンツを簡単に投稿したり更新したり、自由にテーマやプラグインを利用できることです。

Gutenbergとアドオンは、あらゆる可能性を秘めています。

WordPress自体は、全世界で最も利用されているCMSオープンソースとして、そんなここの利益や軋轢を超越している問題で、Wordpressが今後も良くなることが共通の目標なのでしょう。

Follow me!

ページスピードは最も重要 GutenbergとGutenbergアドオンの時代になる可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る