yamane9_1 skype
080 5786 1529 Phone
info@kojiyama.net e-mail
  • Home
  • /
  • テーマを自分好みに変えたい ページビルダーが重宝

テーマを自分好みに変えたい ページビルダーが重宝

WordPressはそもそもオープンソース(無料開放)が基本です。ブログ・フォト・コーポレートサイトなどの目的によってWordPress公認の無料テーマ以外にもたくさん無料テーマがあります。デザインやある程度CSSが理解できれば色やフォントを変えたりできますし、テーマを簡単にワンクリックで変更できるのが最大のメリットです。最近ではテーマにカスタマイズ機能が充実した無料とは思えない優れたテーマも増えてきました。

無料の国産の日本語テーマでは、限られるので、そのままでは似たページが多く個性が乏しくなりがち。個人的には、CMSでは全世界で最も利用されて圧倒的シェアを誇るWordPressなら国産にこだわるのは勿体無いと想うので、広く世界中のボランティアでデザイナーが公開したテーマを利用しています。

有料テーマはより洒落たデザインや機能が備えられたものですが、デメリットとしては凝ったデザインや機能が増えるほどphpファイルが増えたり構造が複雑になるのでカスタマイズが難しくなります。

プロのデザイナーやWordPress制作会社でも、全くゼロからphpやcssをエディターで記述したりせず、ベースとなるスターターテーマや有料テーマをカスタマイズする方が時間的にもコスト的にも抑えられます。

自作テーマを作るのに関心がある人は別ですが、多くのユーザーは、時間を仕事や記事を書く方に集中すべきで、HTMLやcss、javascriptなどの知識がなくてもブログのように投稿できるのがWordPressなどCMSのメリットで、プラグインとして直感的にパワーポイントを触る時のような切り絵のようにドラッグ&ドロップ操作によってレイアウトできるページビルダーが存在感を増しています。

ページビルダー比較の詳細については、すでにくわしい紹介サイトがたくさんありますので検索してみて下さい。

Elementor vs Divi Builder vs Beaver Builder

2017年に30以上のベストドラッグアンドドロップWordPressテーマビルダー

Elementor

直感的でしかも無料のページビルダーとしては卓越しています。デメリットはサーバーやタスク負荷が大きいようで、操作が重なると止まることが起きます。一旦保存後、再度ページを編集するのがややストレスがあります。無料でありこの程度は耐えられる範囲かも知れません。有料は1サイト用なら49ドル。

ダウンロード

Divi builder

有料ですが綺麗で直感的に操作でき、テーマも豊富に使えます。ただ私的に唯一デメリットを感じるのは、WordPressのウィジェットは別にプラグインが必要で、操作がElementorより複雑なことです。

30日間無料トライアル

ダウンロード

 

Leave Your Comment Here