2017年春 スマホとWiMAX2を最安にする方法 

チャンネル桜をリアルタイムで見たいがために、スカパーのチューナーまたはアンテナの不具合から、自宅にネット環境として子供が我が家にはeo光を引いていたので無線ルーターからWiFi接続が可能だったが、私の部屋への電波が弱く、昨年秋までau+iPhone 6PlusでUQ WiMAX2のWX01を利用していた。4G-LTEでも動画視聴は可能だが止まったり途切れストレスで、WiMAX2の速度は比較にならないほど快適であった。

WiMAX2の良さは

  • ADSLほど安くはないが、光回線に比べ安い
  • 配線工事が不要
  • 自宅や外出先など、WiMAX2が受信可能なら様々なところでインターネットを利用できる

欠点

もちろんどんなものでもデメリットはあります。LTE(どこもではXi)は、広範囲に届き安い良さがあるのに比べ、WiMAXは電波受信状況がシビアで、とくに屋内では届きにくい。

でも受信できるならWiMAXがベスト

パソコン、タブレット、スマホなど最大接続台数はWi-Fiで10台、 Bluetooth3台なのでこれ1つでホームインターネット環境はまず充分です。屋内では電波が入りにくいので自分の場合、いろいろ調べて玄関に近い部屋に固定。ルーターからの接続は問題はない。2階の寝室にもよく届くのは以前に体験済み。

ただauに限らず携帯電話3社の料金に、さらにWiMAX2の月4,280円が加わると、約8,000円にUQ Flat ツープラスギガ放題4,380円で12,380円程もかかるので、WiMAX2を停止していた。

携帯電話もMVNOのmineoでZenpone GOに変更した。まだiPhone 6Plusの残高支払いが3,465円☓3ヶ月残っているが、いろいろ調べて大手のネットオフに下取りで約16,000円とある。Zenpone GOは19,800円の一括払いとなるが、mineoはデュアルタイプ(データ通信+090音声通話)の最低価格500MBで月1,310円になる。5GB 2,190円で契約していたが動画では容量が足りない月があるのでプラン デュアルタイプ (10GB) 3,130円/月に変更した。mineoは随時翌月から自由に変更できるのがいい。

WiMAX2はプロバイダが多くあるが、各社で月/7GBで速度制限がかかる通常プランと使い放題のギガプランがある。UQ WiMAXより他社の方が若干安い。どこと契約しても使用する通信網はすべてauの子会社であるUQ WiMAXの通信網を使用しているので同じである。

あまり動画を見ない方なら充分だが、ネットでチャンネル桜や虎ノ門ニュースなどを毎日観るので、月/7GBでは超えるのでギガプラン。

GMOとくとくBBは業界最安というが、月々の料金体型が分かりにくいし、キャッシュバック31,500円で最安になるが申込が面倒だったり、GMOは系列のレンタルサーバーロリポップやショッピングカート、決済代行などで利用していたこともあるが、全体のメールやサポートなどが好きではなく、あくまでも個人的意見ではあるが現在まったくGMO関連の会社と契約していないので、GMOとくとくBBは選択肢から外していた。

プロバイダーは、WiMAX料金比較.jpさんやサイトが多くあるので参考にしてください。

WiMaxはどのプロバイダーも、au系の子会社であるUQコミュニケーションがサービスするWiMaxであるので、あとはサービス料金の(難解な)違いでしかありません。

GMOとくとくBBとBIGLOBE以外にも、楽天【RaCoupon WiMAX2+W03】【ギガ放題】月額2,112円(税抜) 月額2,112円がスタートした。キャッシュバックではなく、月割プランになっており明瞭な料金体系もいい。私はいろいろ調べて、楽天【RaCoupon WiMAX2+W03】【ギガ放題】月額2,112円(税抜)にしました。
ルーターはWX03、W03に「W04」という新機種が2月17日に発売された。どのプロバイダーのルーターもNECアクセステクニカのWX系とファーウェイのW系で同じだ。W04とWX03は最大下り速度440Mbps、W03は370Mbps。

【設置状況】

以前使用していたWX01は最大下り速度220Mbpsだったが、W04で速度440Mbpsなので2倍になった。まだ本日仕事場に届いたばかりで自宅で試していないので何とも言えないが、220MbpsでもLTEと比較すると話しにならないほど快適な速度だった。ただ、ルーターから遠いとスマホのWiFi表示では以前のWX01は4であったが、1か2である。しかし動画は問題なく変わらず視聴できた。ルータの位置を一階の居間から電波の届きやすい窓側にしたので2階まで遠くなったからかも知れない。

これまでのルーターは横長の据え置きタイプだったが、手に馴染む縦型になっている。クレードルだけは別売りで2,000円~3,000円程度。充電は付属のUSB3.0 Type C-A変換ケーブルでPCやUSBアダプターで家庭電源から充電できるのでクレードルはなくてもいいということなのだろう。

すでに2017年1月末時点で全国で速度440Mbpsに対応済み http://www.uqwimax.jp/area/

Leave A Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください