ホームページはオリジナルデザインでなければいけないか?

ホームページはオリジナルデザインがいいか?

 

企業の大小を問わず、また個人であれ自社のホームページをもっていることが当たり前になってきました。そこでとりあえずホームページを持ちたいと思うでしょう。

ホームページを制作会社に依頼する場合、世界に一つだけのオリジナルデザインを一から作るのであれば、制作会社ではその予算ではかかる時間から赤字になってしまいできません。またページ数や機能のニーズによって増加していきます。

とにかく安く作りたいのであれば、知識がなくても自分で無料で制作できるサービスも出てきました。また、一歩進んだCMS(コンテンツ マネージメント システム)といわれるWordPressなどに代表されるブログから派生したあらゆるホームページのニーズに対応可能なオープンシステムがあり、私ももっぱらWordPressにはまっています。そんなに専門的知識がなくてもすぐに楽しく豊富な無料テーマ(有料でも5線円程度~)からブログやホームページ、また一体型のサイトまで作ることができます。しかし、ある程度の知識や経験があれば苦にはならない程度ですが、あらかじめ自社あるいは自分ドメインとレンタルサーバーが必要となるので、自分でできない場合は第三者にお願いすることになります。

ホームページは、あらかじめ制作会社がテンプレートを用意し、1~3万円で、ページの制作は自分で行い、打ち合わせはメールで、サポートなしという形態のものもあります。テンプレートが同じではオリジナリティはないように感じますが、ロゴやヘッダの写真やイラストの画像で個性は違ってきます。ビジネスのホームページの場合、ページデザインに多少に違いはあっても、ページ構成はある程度決まっています。

ただ、いずれにしてもホームページを持つことがまず一歩ではありますが、ページを追加更新することができることが大切ですので、コストを掛けずにできれば自分や自社でデザイン変更や更新ができるページであるかが問われます。できれば何かのトラブルの際にHTML+CSSの基本的な知識がある方にはよいでしょうが、、、。

一口にホームページ制作といっても、マーケティングのコンサルティングから始めて、デザインするだけなのか、それぞれ形態や作業内容によって相場があってないような世界です。

10万~100万円以上となるようです。また初期費用(制作費)とは別に、維持費あるいはサポート料金を月数千円から数万円かかります。しかし、規模や予算のある大企業であれば問題は少ないでしょうが、個人事業主・中小企業では、ホームページ作成費と維持費が高額であれは負担です。

大企業でもWordpress等のCMSを利用している動きが増えており、凝ったデザインや制作費は数百万円かも分かりませんが、そんなに維持費はかかっていません。ところが日本国の省庁のホームページのように、ページ階層が複雑だったり、本当に読んで欲しいのか、意味不明な用語のページだったり、過去の情報を溜めていて重かったり、ユーザビリティに欠けているとしか思えないものに、おそらく数千万円も国税が使われ、大手の制作会社の言い値で委託していると考えると腹立たしくなります。

また、ホームページは、HTML+CSSの静的ページから、データベースを使い動的にページ生成するCMS(コンテンツ・マネージメント・システムの略)の利用が主流になっています。

次にパソコンでホームページを見るユーザーよりも、スマホやタブレットが半数近い勢いで普及してきたことで、PCの大画面に合わせるデザインから始めるのではなく最初からスマホ、タブレットを意識したデザインやそれらすべてのデバイスに自動的にデザインするレスポンシブ デザインが不可欠です。

またブログ機能もあって簡単にテーマをいつでも自分で変更でき、追加・更新できるCMSタイプが主流となっています。
またインターネットを介したクラウド型で、ネット上からお客様ができるCMSのサービスも出現しています。月ごとにサポート契約がかかりますがアップグレードが早いメリットがあります。Google DriveやMicrosoft One driveやオフィス365、Amazon等のストレージサービスを利用している方ならPC上で作業するというと分かりやすいでしょう。

今この記事は直接インターネットで結ばれた契約レンタルサーバー(Xserver)内にインストールしたワードプレスで作成したこのサイトに書いているので、クラウドサービスと同じようなことをしているのですけど・・・。

マイクロソフトオフィス365やGoogleドライブのドキュメント・スプレッドシート・スライド等もクラウドに重点を置き、場所やPC、スマートフォン、タブレットのデバイスの機種を問わず、どこからいつでも共有し使えるサービスに進化しています。

 

そうなると、ホームページデザインは新たにどうあるべきが問われることになります。私自身、絵画や写真、アートは大好きですし、美しいWEBデザインには目が止まってしまいますし、そうしたセンスの良いテーマを使おうと心がけています。しかし、ビジネス用ホームページで肝心なことは、言うまでもありませんが訪れる方が知りたいのはその企業のホームページのゼザインではありません。商品であり、事業の内容(コンテンツ)であり、新しいニュースの更新です。そして分かりやすさ、見やすさ、読みやすさの使いやすい売上につながるように工夫するのがWEBデザインといえるでしょう。ページのTOPでイラストがくるくる回ったり、ボタンが拡大したりすれば、初めて来た方には驚きや楽しいかもしれませんが、重かったり、だんだんくどくなってストレスを与え逆効果にさえなります。

飽きない癖のないシンプルなものが素晴らしいデザインです。また、ホームページの完成よりも、それからが管理者のはじまりであり、重要なのです。

PC利用者は減る傾向にあり、スマートフォンが50%越え

 

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の代名詞「WordPress」といっても、レスポンシブデザインのテーマをオリジナルで自作するには、php、MySQL言語やいろいろ誕生する仕組み等の専門知識が必要になります。BiNDという専門知識がない方でもホームページやWordPress,Facebookのオリジナルデザインが出来るソフトもありますが、有料(19800、29800)で、プロのWEBデザイナーでもない限り、個人でそんなにデザインを変更する人でもない限り必要ないでしょう。

個人事業主・中小企業主がやるべきことは、ホームページを制作することが好きな方ならともかく、事業紹介・営業・販促媒体として使いこなすことですし、自ら事業者として絶えず進化するなかで、その時点で最善かつこれはと思うアイデアを取り入れるなら、凝った構造のオリジナルデザインは臨機応変に対応しづらいという要素も兼ね備えているといえるでしょう。

オリジナルデザインは費用がかかります。WordPressでは無料で公認テーマだけでも世界中のデザイナーが公開しており、より優れた有償テーマでも3000円から5000円です。また、ビジネス用デザインは、ある程度一定しています。「管理画面」-「外観」-「カスタマイズ」からStyleCSSファイルをカスタマイズすることでメニュー、背景色やテキストのフォント・色、ロゴ、サイドバー、ヘッダ画像など簡単にレイアウトを変更できるので、自分でするなら改良も無料です。

昨日、それを示すニュースがありました。

“若者のパソコン離れ”が急加速? 利用時間が1年で約3分の2に減少 INTERNET Watch(2014/10/10 17:09)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20141010_670904.html

 

優秀なWebデザインのまとめサイト

http://io3000.com/

Webデザインの見本帳

I/O 3000 | Webデザインギャラリー
http://www.web-mihon.com/

定番中の定番のサイト

 WebDesignClip

http://www.webdesignclip.com/

Webデザイン制作の上で参考になるクリエイティブの高いWebデザインのリンク集

WebDesign Bookmark S5-Style

WebDesign Bookmark S5-Style
センスの光るデザインのサイトを多数掲載しています。

イケサイ

http://www.ikesai.com/
定番

Follow me!

ホームページはオリジナルデザインでなければいけないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る